仕事

クレーマー、理不尽上司への対応方法

いちいち何かを言ってくる、客や上司いますよね。

7年間もドラッグストアで働いていたので、いろいろな理不尽クレームも多々受けてきたので、僕がどのようにして対応していたかの考え方を解説していきます。

こんな考え方もあるのかと思って参考にしてください。

いちいち真面目に聞くのが一番の損なので、絶対に聞き流す術を身につけるようにやっていきましょう!

聞き流す方法

何かイチャモンつける人の話は、真面目に聞くことが一番の無駄なので絶対に聞き流してください。
そのための方法を解説していきます。

クレーマー、上司は何かを言いたいだけです。それに誠実な対応をすることは諦めましょう。
出世したければ上司の話は聞いてあげてください、でも今の会社に未来を感じていないなら、聞き流しても良いのではないでしょうか?

何か言われているときに、聞き流す方法。自分事として聞いちゃ絶対にダメです。
でもとりあえず、聞いてあげる姿勢だけは大事なので、どのように思って聞いてあげるかを列挙していきます!

  • 義務教育で習ってないからしょうがないかー
  • 上から言われただけのことを言ってるだけかー
  • この無駄な話を聞いてあげてる時間も、給料発生してるから良いかー
  • 早く帰りたいなー
  • 眠いなー
  • お腹空いたなー
  • 何食べようかなー
  • ゲームしたいなー
  • 銭湯行こうかなー
    etc

と思いながら話を聞き流しいました。
真剣に聞こうが、聞かまいが給料は同じです。その後の対応も給料には影響ありません。
聞き流したもん勝ちです。
こんな感じで聞いとけば、感情的にならずにすみます。
いちいち相手をしていたら、平常通りの仕事ができなくなってしまいます。

お客なら最後に申し訳ございませんでした。と平謝りで完璧です。
何かあったら、上司に任せれば良いんです。そのために上司が存在しているんですから。

大事なのはとりあえず聞いてあげる姿勢です。右から左に流すように聞いてあげましょう。ボランティアです。

さいごに

僕は会社との価値観が合わなかったので、仕事は全力で手を抜いて行っていました。
お下っ端のサラリーマンなんて、仕事内容は問われないです。上司もお下っ端の仕事内容なんて見ていると思いますか?
評価を上げたいなら上司におべっかしましょう。それが嫌なら、とりあえず出社してあげましょう。

もっともっと仕事は適当で楽しくやっていきましょう!
出社することが嫌になったら、元も子もないですからね。

ではでは
Regret doing something more than not doing it.